ブライダルローン審査に関する私の人気

ブライダルローンはボーナス払いで

結婚にかかるお金というと挙式や披露宴、衣装代、結婚指輪など100万から500万程度のお金が必要になります。

お式以外にも新婚旅行や新居の入居費用などそれぞれに数十万円ものお金が必要になります。

ブライダルローンはそういった資金を低い金利で貸してくれるわけですから通常のカードローンよりも審査はかなり高く厳しいと言われています。

審査の重要なポイントは借主に返済能力があるかです。

本人確認書類の他に源泉徴収票や給与証明書なども必要になります。

基本的にブライダルローンでは保証人は不要とされているのですが審査の結果によっては保証人を付けることが融資の条件となる場合もあります。

ブライダルローンというものは、結婚式のために借りると言う方が大半かと思いますが金融機関からお金を借りることには変わりないので、事前にシミュレーションをすることが肝心です。

結婚式にかかる費用だけでも300万円が相場と言われていますからまずは相場の金額で毎月の返済額や金利を含めて計算しましょう。

借入金が300万円でボーナス払いナシ、金利7.0%、毎月4万円で計算しますと、支払回数は100回で、支払期間はなんと8年3か月もかかってしまうことがわかりました。

ご祝儀で返済を考えていても結婚式は赤字になるという人が多いので300万円の結婚式で100万円くらいは赤字担ってしまう人がほとんどです。

そこで、ご祝儀を想定し100万円のローンを組めば不足分を補えるのではと考えがちですが必ずしも赤字が100万におさまるとは限りませんのでご祝儀を当てにするのは危険です。

ブライダルローンと言うローンを提供している金融機関はたくさんあるのですが何を決め手にして選べばいいのでしょうか?ブライダルローンは資金用途が制限されたローンなのですがお金の使途に関する制限というのは、実は金融機関によって異なることがあるので注意が必要です。

例を挙げると、楽天銀行の場合は新婚旅行費用だけの借入れは不可となっていますしジャックスだと、挙式と披露宴の費用が含まれていればそれ以外の費用も認めています。

ブライダルローンの選び方で肝心なことは資金使途の範囲がどこまで認められているかをということなのです。

金利が低く融資限度額が大きいに超したことはありませんがしっかりシミュレーションをし、無理のないプランが組めるローンを選びましょう。

ブライダルローンも基本的にはカードローンと同じですから審査に通らなければ当然融資を受けることはできません。

ブライダルローンというものは、低金利で数百万ものお金を融資してくれるわけですからカードローンよりも審査が厳しくなるのは否めません。

ブライダルローンの審査に落ちた人の特徴を挙げると年収が200万円以下、勤続年数が1年未満など、返済能力が厳しそうな人が落ちていることが多いようです。

また、過去に滞納履歴や自己破産歴があったり、複数の金融機関から借金をしている人は要注意です。

クレジットカード未所有の人は当然滞納歴も無いので安心だと思いがちですが信用情報がないので信用度が判断できないために落とされる可能性があります。

楽天会員や口座がある人であれば簡単にオンラインで手続きができます。

金利は固定金利で年7.0%、最大借り入れ額は300万円となっており楽天銀行から借り入れをする際に注意することは楽天銀行の融資額は1人あたり最大で500万円までと上限が決まっていることです。

つまり、ブライダルローンを申し込んだ時点で、既に楽天スーパーローンで300万円の借入れがある人はブライダルローンでは200万円までしか借りられなくなってしまいます。

申込に必要な書類は本人確認書類、収入証明書、資金使途確認書類で融資を受けた後には領収書や振込控の写しなどを1か月以内に提出しなければいけません。

ブライダルローンを借りるにあたって、返済方法をどうするかと悩む人は多いと思いますが決して、ご祝儀を当てにしてはいけません。

300万円の結婚式を挙げたとして、その費用をご祝儀で全額回収することは困難といわれており100万円程度の赤字になるというパターンが多いようです。

具体的に計算してみると、1人あたり3万円のご祝儀を包んでくれたと仮定し招待した人が70人の場合、ご祝儀の総額は210万円となり90万円の赤字になってしまいます。

100人を招待することが可能であればギリギリ300万円で完済しきれる計算になります。

実際にブライダルローンをご祝儀にて一括返済できたという人は全体の45%程と言われていますが残りの人たちは一括返済が叶わなかったということですから、ご祝儀をあてにしすぎるのは良くありません。

ブライダルローンで必要なポイントは

ブライダルローン組む際に1番ポイントとなるものといえば結婚式の費用ですが挙式と披露宴を行う場合、相場はいくらぐらいなのでしょうか?一番多い価格帯は300万円から350万円で全体の約15%で次点は400万円から500万円、次いで350万円から400万円という価格帯が相場のようです。

平均相場は調査した専門誌などによってばらつきがありますがおおよそ250万円から350万円の範囲に収まっています。

結婚にかかる費用というのは挙式や披露宴以外にもあり新婚旅行費や、引っ越し代など結婚式費用プラス100万円以上は必要になるでしょう。

更におめでたとなると、出産費用やおむつなど準備も必要になりますのでプラス20万から30万円多めに見積もってローンを考えておいた方が良いでしょう。

ブライダルローンというものは結婚のためにローンを組んでくれるサービスのことで銀行や信販会社などが提供しています。

通常のカードローンと比べて金利が低くおすすめなのですが、普通のカードローンと比べて手間や時間がかかるというデメリットもあります。

カードローンというものは借り入れたお金は自由に使う事ができますがブライダルローンで借りたお金は結婚のために利用する以外には認められません。

結婚に関連した資金と言っても挙式や指輪代といった結婚式に関する費用以外にも新婚旅行や新居への引っ越し費用などかなりのお金が必要です。

結婚資金を貯めてから結婚するという人も多いですが、ブライダルローンを利用すれば、新婚生活が早くスタートできるのでおすすめです!ブライダルローン返済方法についてどの方法がベストなのかと悩む人は多いと思いますがご祝儀を当てこんで返済プランを組むことは避けましょう。

300万円の結婚式を挙げた場合、ご祝儀で全額回収することは難しいと言われており100万円程度の赤字になるというパターンが多いようです。

仮に1人あたり3万円のご祝儀を用意してくれたとしても招待した人が70人の場合、ご祝儀の総額は210万円となり90万円の赤字になってしまいます。

頑張って100人を招待できればギリギリ300万円で完済しきれる計算になります。

実際にブライダルローンをご祝儀で一括返済できたという人の割合はというと全体の45%ほどだそうです。

残り人たちは一括返済できなかったということになりますから、ご祝儀をあてにするのはやめておきましょう。

ブライダルローンは結婚式のために借りるという大義名分はありますが金融機関からお金を借り入れることに変わりないので、あらかじめシミュレーションをすることがとても重要です。

結婚式費用だけでも300万円が相場なのでそこから月々の返済額や借入金利をシミュレーションしてみます。

借入金が300万円でボーナス払いナシ、金利7.0%、毎月4万円で計算しますと、支払回数は100回で、支払期間はなんと8年3か月もかかってしまうことがわかりました。

ご祝儀の支払のあてにしようと思っても結婚式は赤字になるのが一般的ですから、300万円規模のお式で100万円くらいは赤字になる人が大半です。

そこで、ご祝儀を想定し100万円のローンを組めば不足分を補えるのではと考えがちですが必ずしも手に入るとは限らないお金なので、当てにするのは危険です。

ブライダルローンもカードローンもお金を借りるという意味では同じ商品ですから審査に落ちてしまったらお金は借りられません。

ブライダルローンというローンは低金利で高額の融資を受けられますのでカードローンよりも厳しい審査となります。

ブライダルローンの審査に落ちたという人の特徴を紹介すると年収が200万円以下だったり非正規雇用であるなど、返済能力が乏しいと思われる人が多いです。

又、過去に滞納履歴や債務整理、自己破産歴があったり、複数のローン会社から融資を受けている人は危ないです。

クレジットカード未所有の人は当然滞納歴も無いので安心だと思いがちですが信用情報がないので信用度が判断できないために落とされる可能性があります。

ブライダルローンは楽天銀行などのように専門のローン提供している場合もありますが一般的には多目的ローンや目的別ローンといった形で対応することが多いようです。

クレジットカード会社が提供するブライダルローンでは結婚式場と提携していることが多く、指定の式場で挙式するのが融資条件となっている場合があります。

銀行のブライダルローンの金利は5から7%が相場なのに対し式場提携タイプのブライダルローンの金利相場は6.0%から15.9%と高めに設定されています。

金利を考えると銀行のブライダルローンのほうがメリットが大きいのですがクレジット会社の中にも、銀行と匹敵するほどの低金利なものもあります。

その中でもおすすめなのが、ジャックスの「プレシャンテ」です。

金利は6.5%と楽天銀行よりも低金利な上に限度額は500万円ですし、クレジット対応ということから口コミ評価は高いです。