ブライダルローン審査で書類は何が必要なのか

ブライダルローンも基本的にはカードローンと同じですから

審査に落ちてしまったらお金は借りられません。

ブライダルローンは低金利で高額の融資になりますからカードローンよりも審査が厳しくなるのは否めません。

ブライダルローンの審査に落ちた人の特徴を挙げると年収が200万円以下であったり、勤続年数が1年未満、非正規雇用などと言う場合が多いです。

これまでに滞納履歴や債務整理があったり複数の金融業者から借り入れがある人は要注意です。

クレジットカード未所有の人は当然滞納歴も無いので安心だと思いがちですが逆に信用情報がないということで、落とされる可能性があります。

ブライダルローンで1番かかるものといえば結婚式の費用ですが挙式と披露宴だといくらぐらいが相場なのでしょうか?番多いのは300万円から350万円の価格帯で全体の約15%を占めており次点で400万円から500万円(12.4%)、その次が350万円から400万円(10.9%)となっています。

全国平均は専門誌やサイトによってばらつきはありますが平均して250万円から350万円程度が相場価格のようです。

結婚にかかる費用というのは挙式や披露宴以外にもあり新婚旅行費や、引っ越し代など結婚式費用プラス100万円以上は必要になるでしょう。

更に「おめでた婚」になると出産費用や新生児用品の購入費も必要ですからプラス2、30万円はかかることを見積もってローンを組む必要があります。

キャッシングを利用している人はまずは、キャッシングの借入残高の確認をする必要があります。

新規の借入先として消費者金融を考えている人は総量規制がかかってきますので年収の半分を超える借入はできないため、事前に計算をしておくことが大切です。

銀行でも、1人当たりの貸付総額が決っている場合がありますのですでにカードローン利用している銀行から融資をと考えている人は特記事項に注意が必要となります。

楽天銀行のブライダルローンは300万円まで借入可能ですが1人当たりの貸付総額が500万円と決められていることから、楽天スーパーローンを300万円借りている人は200万円までしか融資を受けられないことになります。

みずほ銀行の最大融資額は300万円となっているのですがみずほ銀行で無担保ローンを利用している人はブライダルローンを含めた貸付残高が前年度の税込年収の50%以内に抑えられてしまいます。

総量規制とは収入の三分の一を超える融資を禁止にした規制であり、消費者金融などの貸金業者に適用される規制です。

結婚式にかかる費用はおおよそ250万円から350万円と言われていますから総量規制を計算すると、750万円から1
050万円の年収が必要になる計算です。

これから式を挙げようとする若い人はそんな年収はない人が大半でしょうしすでにカードローンを利用している人は不安になってしまいますよね。

しかし、銀行であれば。

貸金業法は関係ありませんし信販会社のクレジット払いも割賦販売法が適用されることから総量規制の対象外なのです。

但し、クレジットカードのキャッシングで借金をすると貸金業法が適用されますので、総量規制の対象となりますことご留意ください。

ブライダルローンというサービスを提供している金融機関は数多ありますがどのようなポイントに着目して決めればいいのでしょうか?ブライダルローンは資金用途が制限されたローンなのですが資金の使途に関する制限は各種金融機関によっても異なることがありますので注意が必要です。

例えば楽天銀行だと、新婚旅行費用だけの借入れはできませんしジャックスだと、使途に挙式と披露宴が含まれていれば、それ以外の費用も認めてくれるというものです。

ですから、ブライダルローンの選び方で重要視しなければいけないことはブライダルローンの使途の範囲がどこまで容認されているかということになります。

金利が低く融資の限度額が大きければ大きいに超したことはありませんが毎月の返済額や最長返済期間なども考慮して無理のないプランが組めるローンを選びましょう。

みずほ銀行にはブライダルローンというローンは用意されていないのですが結婚費用にも利用可能なみずほ銀行多目的ローンが用意されています。

固定金利は年6.700%なので、かなり低い金利に設定されているのですがまた、現在みずほ銀行で証書貸付ローンを利用しているという人、または過去に利用していた人は更に年0.1%の金利引き下げサービスを受けることができます。

申込対象者は満20歳以上満66歳未満、完済時年齢が満71歳未満であること、勤続年数(自営業の場合は営業年数)が2年以上必要で、前年度税込年収が200万円以上となっています。

総量規制とは収入の三分の一を超える融資を禁止にした規制

消費者金融などの貸金業者に適用されるものです。

結婚式にかかる費用は約250から350万円はかかると言われていますので総量規制を計算すると、750万円から1
050万円の年収が必要になる計算です。

これから結婚式を挙げようとする若い人はそんな高収入はないでしょうし、すでにカードローンを利用している人は結婚式を挙げられないんじゃないかと不安になってしまいますよね。

しかし、銀行であれば。

貸金業法は関係ありませんし信販会社のクレジット払いも割賦販売法が適用されることから総量規制の対象外なのです。

但し、クレジットカードのキャッシングで融資を受けると貸金業法が適用されますので、総量規制の対象となりますことご留意ください。

現在、カードローンなどでキャッシングを利用しているという方はブライダルローンに申し込む以前にまずは借入残高を確認しましょう。

借入先に消費者金融を希望している人は総量規制が適用されますので年収の1/2を超える借り入れはできませんので事前にしっかりと計算をしておきましょう。

銀行でも無制限に貸してくれるというわけではなく、1人当たりの貸付総額が決っている場合がありますのですでに、カードローンなどを利用している銀行からさらに追加で融資を望んでいるという場合は特記事項に注意が必要です。

楽天銀行のブライダルローンは300万円まで融資可能となっていますが1人当たりの貸付総額が500万円ですので、すでに楽天スーパーローンで300万円のローンを組んでいる場合200万円までしか貸してもらえません。

みずほ銀行の場合、最大融資額は300万円となっていますがみずほ銀行で無担保ローンを利用している人はブライダルローンを含めた貸付残高が前年度の税込年収の50%以内に抑えられてしまいます。

結婚資金と言うと挙式や披露宴などこだわればこだわった分大金が必要になります。

お式以外にも新婚旅行や新居の入居費用などそれぞれに数十万円ものお金が必要になります。

ブライダルローンというローンは、多額の資金を低金利で貸してくれるわけですから通常のカードローンよりも審査はかなり高く厳しいと言われています。

審査のポイントは借主に返済能力があるかを確かめる信頼度のチェックなので本人確認書類の他に源泉徴収票や給与証明書などの収入を証明する書類も必要になります。

ブライダルローンでは基本的には保証人を立てる必要はないのですが審査の結果によっては保証人を立てることを条件とされる場合もあります。

ブライダルローンは様々な金融機関で提供されていますが何を決め手にして選べばいいのでしょうか?ブライダルローンは利用目的が限られているローンなのですが借り入れた資金の使途に関する制限は各金融機関によって違う場合があるので注意が必要です。

例を挙げると、楽天銀行は新婚旅行費用だけの借入れは不可とされていますしジャックスだと、使途に挙式と披露宴が含まれていれば、それ以外の費用も認めてくれるというものです。

ですから、ブライダルローンの選び方で重要視しなければいけないことは資金使途の範囲がどこまで許可されているかをということになります。

金利が低く借入限度額が大きいに超したことはないのですがしっかりシミュレーションをし、無理のないプランが組めるローンを選びましょう。

銀行のブライダルローンは楽天銀行や千葉銀行のように専門のローンもありますが多くの銀行では多目的ローンや目的別ローンで対応することが多いようです。

クレジットカード会社が提供するブライダルローンの場合は式場と提携しているケースが多く、クレジット会社指定の式場で結婚式をあげることが融資を受ける条件になっていたりします。

銀行のブライダルローンの金利は5%から7%が相場ですが式場提携タイプのブライダルローンの金利相場は6.0%から15.9%と高めに設定されています。

金利面で判断すると銀行のブライダルローンのほうがお得に感じますがクレジット会社にも銀行レベルに低金利なものもあります。

その中イチオシなのがジャックスのプレシャンテです。

金利6.5%と楽天銀行よりも低金利な上、限度額は500万円と銀行よりも高額で、しかもクレジット対応なので口コミ評価は良いようです。

楽天銀行では目的型ローンでブライダルローンを提供していて楽天会員や楽天銀行に口座をお持ちであれば簡単に手続きすることができます。

金利は固定金利で年7.0%、最高融資金額は300万円で毎月の返済額は1万円からOKとなっています。

楽天銀行から融資を受ける際に気を付けることは楽天銀行の融資額は1人あたり最大で500万円までとなっていることです。

仮に既に楽天スーパーローンで300万円の借入れしている場合はブライダルローンではあと200万円までしか借りられないのです。

融資実行後に、領収書など支払が確認できる書類を1か月以内に提出することが義務付けられています。